当院について

長生会病院について

長生会病院 | 外観

当病院は高齢者の医療を行う歴史のある病院です。 3つのタイプを持ち、色々な高齢患者様の医療面と生活面をバックアップしていきます。

  1. 1. 障害者施設等一般病床:重度肢帯障害者や神経難病の方に、一般医療保険により一般治療を行います。
  2. 2. 医療療養型病床:処置の必要な方や難病を持つ患者様の慢性期医療を行います。
  3. 3. 介護療養型病床:介護保険適応の患者様の慢性期ケアを行います。

専門の医療扶助をしながら、入院療養中のお年寄りの生活を支える豊富なメニューと 知識・実績を持つ安心安全ネットを持っています。近隣の急性期病院や単科専門病院と緊密な医療連携を行っています。 訪問診療により入院前や退院後に担当医師が在宅生活を支えます。ガン末期の患者様のお世話を行います。(在宅が困難な患者様やご家族を支えます)

高齢者慢性期病院(療養型病床群)の役割とは

急性期病院とは脳外科・整形外科・循環器を始めとする急性期疾患を治療して 退院させるという短期間の医療目的を持ちます。当院の高齢者慢性期病院では、3重苦にある患者様(高齢・肢体障害・複数の 慢性疾患)の医療を継続し支えると共に、生活のお世話(ケア)を行いながら、 在宅生活復帰への援助を行います。また一方では、高齢患者様の安息な人生の最後を見守る終末期医療を担います。

長生会病院の理念

1.地域医療への貢献

地域に密着した医療を行い、地域の一員として地域を支えます。

2.高齢者医療の先駆者へ

お年寄りに特化した専門医療を行い、最適なお年寄りの医療を目指します。

3.社会の一員たる責任感

医療人としておごらず、社会の一員としての責任を果たします。

4.技術より愛の実践

技術に偏らず、患者様の心の満足度を目標とします。

5.常に医療の革新を目指す

漫然とした医療ではなく、常に最新の知識を求めて医療を行います。

pagetop